忍者ブログ

さらさら日記

ぼちぼち のんびり ゆっくりと

[895]  [894]  [893]  [892]  [891]  [890]  [889]  [888]  [887]  [886]  [885

「彼岸花、ひとつ」

 

カラカラと玄関の開く音がした。

「あら、おかえりなさい」

「ん……」

外から帰って来たあなたは、ムスッとした顔で頷いた。

そして、靴を脱ぎ家に上がると、持っていたソレをすっと私に差し出し、そのままスタスタと自分の部屋へ行ってしまう。

ちらりともこちらを振り返りもせずに。

娘も息子も、

「お父さんが何を考えているかさっぱりわからない」

と、ことあるごとに言うけれど。

私には、わかる。

あれは照れているのだ。

「ねえ、おまえもそう思うわよね」

私は、先程あなたから渡されたソレを見つめ、ふふと笑った。

無造作に新聞紙に包まれたソレは。

……真っ赤な真っ赤な彼岸花だった。

 

私は昔から彼岸花が好きだった。

気味が悪いとか、不吉だとか、いろいろ言われているけれど。

あの燃えるような花火のような力強さが好きなのだ。

そう言うと、皆は嫌そうな顔をする。

けれど。

あなただけは変わらなかった。

「そうですか」

そう、ぽつりと言っただけ。

不思議な人。そう思ったのを覚えている。

 

それから、あなたは決まってこの季節になると、彼岸花を私にくれた。

食料不足の時、彼岸花の球根すらも大切な食料だったから、いただくのも大変だったでしょう。

何より、田んぼを害虫から守ってくれている健気な花だから、たくさん摘むのはかわいそうだとあなたは言った。

だから一輪だけ。

毎年毎年、あなたは律儀に私にくれる。

私は彼岸花をもらうたび、今年もあなたからもらえたことにほっとするのだ。

いつまで続けられるのかわからないけれど。

もう少し続いて欲しいと願う。

 

「おい」

「え?」

どのくらい時間が経ったのでしょう。

どうやら私はしばらく玄関先でぼうっとしていたようです。

「大丈夫か?」

いつの間にか近くに来ていたあなたが心配そうに尋ねるので、私はにこりと笑いました。

「大丈夫ですよ。さあさ、お昼の準備をしますね。もう少し待っていて下さい」

「ああ、わかった」

あなたは、安心したのか、ゆっくりと居間の方へ歩いていく。

随分と年をとったあなたの背中を見ながら、私は台所へ向かう。

お昼は何にしようかと考えながら。

そして、持っていた彼岸花に、ふと、話しかけた。

「今年も咲いてくれてありがとう」

PR
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
読んでます!!
ひなたさん、こんばんは。
お話はとっくに読んでいまして、ホント、今更なのですが、感想を届けさせてください^^;
彼岸花…どうしても、思い込みというか、イメージが先行して悪い方に捉えてしまうのですが、ひなたさんのお話で、確か白い彼岸花のお話もあったかと思いますが、どちらも常識を覆してマイナスなイメージとは無縁の素敵なお話ですね。
赤い彼岸花の花言葉の一つ「思うのはあなた一人」素敵!お父さん、花言葉調べたかな~・笑
照れながらも毎年欠かさないお父さんが可愛いですね。これは子供たちには内緒の二人だけの秘密なのでしょうか。毎年の事だから聞かれたりしたかも^^
読みおわって、この先も出来るだけ長い間続きますように…と願わずにはいられませんでした。
綴月らい 2018/10/26(Fri)23:31:21 編集
らいさん、ありがとう
らいさん、こんばんは。
いつもありがとうございます!

私自身、何故か彼岸花が好きで、
彼岸花の良くないイメージを払拭したいと思って、
ついついお話を書いてしまいます。
変ですね(笑)

きっと子ども達は花のことを知っていて、お母さんに何で彼岸花なのか聞いているとは思いますが、
お母さんはふふっと笑って何も答えないんじゃないかなと思います。
そして、お母さんが先に亡くなっても、きっとお父さんはずっとお母さんに彼岸花を贈り続けるんじゃないかなとも思いながら書きました。
愛だなあ……(笑)

読んで下さって、ありがとうございました。
300文字小説、楽しみにしています!!
ひなた 2018/10/29(Mon)00:14:16 編集
11 2018/12 01
S M T W T F S
1
3 4 5 7 8
9 11 12 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
[10/29 ひなた]
[10/26 綴月らい]
[09/03 ひなた]
[09/02 綴月らい]
[08/29 ひなた]
HN:
ひなた
性別:
女性
趣味:
雑貨屋・本屋巡り
自己紹介:
四国のみかんの国に住んでいます
小説・漫画、大好物
一人旅・一人カフェも大好物
のんびり童話なんかも書いてます

忍者ブログ [PR]
 Template by repe